IMG_9454
「ああ、今年も花*花さんツアーするのね」くらいにしか思っていなかったのですが、予定も空いてるし今年も行こうかという軽い気持ちでフェニックスホールまでやってまいりました。まあ。チケット押さえたのが昨日ってのがそれをあらわしているよねえ。
最近ようやく完成した「旨し糧」のミュージックビデオがお披露目されたあと、いよいよ花*花さんの登場です。今回は23周年との位置づけながら「25周年への布石」という側面も大きいそうで、ゲストのTOY森松さんとともに昔話に花が咲いたりもしておりました。その流れで「TOYさんと一緒に回った懐かしい曲のメドレー」がありましたが、すべて4thアルバム「リンゴとクローバー」からでしたね。

で、そのとき「あれ、23周年ってメジャーデビューからだからもう少し前から見てたはず」と思って記憶をさかのぼっていたのですが、確か1999年にアルバム「11 songs」を買ってからハマったんだよな。当時はまだ大学生だったので夏休みにベイサイドジェニーへ行ったのは覚えてて、あと渋谷のTAKEOFF7に行ったのも覚えてるんだけどどっちが先だったか覚えてないのです。なんにせよ私のなかでは24年ってことだ、そんなになるのね。

そんな話もありながらちょっとMCが多めだなあと思ってましたが、途中で「TOYさんとともに23年を写真で振り返る」コーナーなんかもありました。昔のツアーの裏側写真やインディーズ時代のものもあり、やっぱり懐かしかったのです。そんなこんなで「MC長めだしこれは3時間コースか」と思っていましたが、ふたを開ければ本編2時間だったのはさすがホールライブでございました、

「ハナムケノハナタバ」や「さよなら大好きな人」のMCで「少し広い世界のこと」を言っていたのが「半径2メートルの範囲でしか歌詞を書けなかった」いづみさんも年を重ねたということなのかも。今日は個人的にも「振り返る」ことが多かったけど、そのあとはしっかり未来のことを考えようと思わせるとってもいいライブでした。そうそう、あと2年で25周年ですものね。