IMG_20220717_153620
なんだかんだでひさしぶりの花*花さん、今回はデビュー22周年とか。そういえば彼らをはじめて見たのいつだっけと考えてたらまだ大学時代のTAKE OFF 7で、そりゃ時も流れてるよね。そして会場はフェニックスホール、ここも確か辛島美登里さんを見に来た記憶はあるんだけどブログに載ってないってことは18年以上前だったのですかねえ。
(23:20追記:辛島美登里さんのライブ履歴を見ていると2003年5月にフェニックスホールで行っているようです。このブログを始めたのが2004年3月なので、ブログに載ってないことも含めてそのときの可能性が高いですね。ってことはそれすら20年近く前なのか、けっこう最近だと思ってたけどな)

開演時刻になり2人が入ってくると、まずステージの前方へ行って「ハライソ」のアカペラがはじまりました。アカペラでも声の通る大きさですし、ふたりのハーモニーがきれいに伝わってきてとてもよかったのです。

直前にチケットを取ったこともあるのか2階席の上手側から斜めに見る席でしたが、ここが個人的にはベストな席でした。こじまさんもおのさんも鍵盤を弾いている様子がつぶさに見え、「キャンディ」でどちらが弾いているかはもちろん「恋が育った休日」とかでこじまさんが弾いているのは「味付け」の部分なんだなあということがわかったことも収穫でした。いやまあ彼ら何年見てんだよと言われればそうなんですけど、意外とどっちがどの音を出しているかって気にしなくて。

そして今回はゲストにヴァイオリニストのNAOTOさんを迎え、後半はほとんど一緒に演奏をしてくれました。そこでもやっぱ気になったのが「キャンディ」で、なんかヴァイオリンってこういう音になるよねえというところとは違う音が出てたのが非常に新鮮だったのです。タップの音をマイクが拾ってるみたいだったけどそういうことする人って少ないのかな、それがあの音楽にも合ってて非常に楽しかったです。

全部で14曲と彼らの持ち曲からすれば少ないかなあと思いつつ、2時間弱あったのはやっぱりMCがあったからで。NAOTOさんも加わって全国を回る苦労なんかも話してましたっけ、そんなのも含めて非常に楽しい時間でした。にしてもあっという間だったな、そういう時間があるのがやっぱりいいよねえ。