IMG_20211009_121053
 心斎橋はミナホで盛り上がってるのかな、見た感じ例年よりは静かだったけど。今回は思うところもあり、昼間はknaveまでやってまいりました。


そろそろ動かしていかないと本気で忘れそうなので、ぼちぼち書いていこうかと思います。こんだけ書いてないからな、知らない人も増えたしな。

*UMA
 ウーマと呼ぶそうです。Vo,Gt,Gt,Ba,Drの5人組でBaは女性です。
  ぱっと聞いたときに「フェスでけっこう映えそうだな」と思ったんですよね。90年代後半のヴィジュアル系な声の感じがして、そこからロットンみたいなスカコア系のにおいもあったし。そういう音楽を吸収したうえで自分たちの世界が作れれば相当おもしろくなりそうで、ちょっと期待してしまいます。

*rale one stance
 Vo,Gt,Gt,Baの男性4人組で、打ち込みのドラムを入れてました。そういえばドラムが病欠だって言ってたな、まあこのご時世だとあるわな。
 全体的によく考えられたステージだとは思いましたが、ただ「イエモンみたい」のひとことで終わってしまいそうなのが悲しいところ。そこを突き破ってきっちりオリジナリティが見えるとだいぶ変わりそうだけどな。

*The denkibran
Vo&Gt,Ba,Drの男性スリーピース。そういやこの編成になってからはじめてか、こんな変わるのね。
 ある程度は仕方ないところもあるけど、Vo&Gt.倉坂さんがフォーピースの呪縛かギターをかなり増やしてて、それだけ声がおろそかになるというちょっと残念な展開となってたように思います。その意味でギター専任の倉坂さんも見たいと思ったけど、それはもうdenkibranじゃないですからねえ。そのあたりのバランスをどう取るかかな、それはアレンジでも変わるだろうしやっぱりギターを入れる方向でも考えられそうだし。

*Nooe
 男性Vo&Gt,女性Epf&Key,男性Baの3人組。ドラム負傷のためアコースティック編成とのことでしたが、普段どんな感じなのかがとても気になるステージでした。
 10年前ってこういうアコースティックユニットけっこういたよなあ、それこそバンド時代のpechicaとか里帰りとか。そんな意味で新鮮な印象もありつつ、いまだとそれこそsankwhaあたりと一緒に見ればおもしろいのかもね。

*チセツナガラ
 男性Vo&Gt,男性Gt,女性Ba,男性Dr,女性Keyの5人組。そっかあ、できてないわけではないけどな。
 ぱっと聞いた感じで「Tama(CASCADE}みたいな声をしてるロックバンド」というイメージができてしまい、最後までそれを壊せるような曲がないまま終わってしまった印象です。割とよくあるロックバンドだと感じたのも事実だし、そこからどう彼らのらしさを出すことができるかだろうね。

*気づいたら劇団
 女性Vo&Gt,女性Gt&Key,男性Ba,男性Drの4人組。やりたいことを詰め込みすぎて中途半端になってる気がしたなあ。
 音楽、アイドル、そして演劇の3路線が見えたんだけど、それがかなりごっちゃになってて。まず「いちばんやりたいこと」から組み立てればもう少しはっきり見えてくるものもありそうだな、やっぱり軸はほしいもん。