さあ、今年もJリーグがはじまります。今日のサンガさんは相模原とのアウェイ、だいたい開幕戦には行くのですが今年の状況ではそれが許されなかったです。
前半からキジェさんのやりたいサッカーはしっかりと見えていて、あとはなんとかゴールを奪えればなあというじりじりした展開でした。今日の相模原は風が強くて、向かい風ではじまったことも大きいかもしれません。それこそ2年前の開幕戦と一緒である程度の手応えは見え、キジェさんということもあるけど大崩れすることはなさそうですね。

そして後半もチャンスこそあるもののゴールを割れない時間が長かったですが、後半も35分を過ぎてコーナーキックからバイスが決め先制します。その直後に三沢のミドルが決まって2-0、あとは危なげなく試合を終えることができました。

J3からの昇格組とはいえ、SC相模原は組織がしっかりしたいいチームだったと思います。そこでセットプレートか個の力とかが少しずつ上回ったことでこの結果を得られたわけで、その意味でも今年の強さを見られたのではないでしょうか。でもまだ1試合だ、今年も長いリーグ戦がはじまったよ。