このスケジュールを見たとき、正直「なんで?」と思ったん
ですよ。去年の2月にイベントに出ていただいた進藤くんと
雪絵さんが、しかもこの順番で出てくるなんてさ。おそらく
あのとき以来の共演がどんなものになるのか、そりゃ見に
いかないわけがありませんよね。

ということで今日は19時10分到着、まだはじまってなかったか。
そんなこんなで、いつものを。

重田拓成
ギター弾き語り。うん、まあ、やりたいことがわかればなあ。
はじめの2曲はそんな悪くなかったかな。強い声が中村一義の
ようで、3曲目とかはその声だけで走ってた感じがしたっけ。
なんかさ、もっと「どんな感じにしたいか」がわかって、
それをきっちり「型にはめて」いったほうが彼のためには
いいのかも、なんて考えてたな。

Nakakoh
ギター弾き語りの男性。あそっか、そのイメージなんだ。
はじめに「徳永英明っぽい声だな」と思ってて、そのまま
聴いてると「そっか、ほたる日和っぽいんだ」となりました。
まわりをしっかり巻き込んでいたMCを含めて彼自身の世界は
できてると思うので、そのまま走ってもいいと思うし、もっと
違う世界を見せてもいいと思ったな。

sinri+1
女性Vo&Epf,男性Drの2人組。今日のハイライトは意外と
できていなかったMCかな。
全体的に悪くはなかったけどね、声の感じがほとんどおんなじ
だったのは気になったな。このタイプなら、90年代後半の
女性アーティスト、たとえばSHUUBIとか我那覇美奈とか
あたりと「なにが違うか」、そして「じゃあ自分が違いを
出すにはどうすればいいか」がわかれば飛躍的によくなると
思います。
にしても、2曲目とか最後の曲とかはDr.シムさんが前に
出すぎてたような。Vo&Epf.sinriさんすらかすむくらい。
それもらしいといえばらしい、か。

後藤雪絵
電子ピアノ弾き語り。悔しいけど、いままで見たなかでもかなり
よかったわ。
ここまで気持ちの入った雪絵さんを見たのははじめてかも。
たまに「やってしまう」場面はご愛嬌として、あんなに
気持ちが見えたのはホント記憶がないんだ。その意味で
すごいものを見たと思うし、それ以上にホントすごい人だと
改めて見せつけられたな。
はじめに「悔しいけど」と書いたのは、その見たライブたちの
なかに自分のイベントが入っているからで。でも、あの日から
雪絵さんがpara-diceへ出るようになったんだし、それは
ちょっとだけ自慢してもいいよね。

進藤宏希
ギター弾き語り。今日の流れだろうね、かなり攻めてたな。
とにかくはじめから飛ばしてたし、それがしっかりと
ステージに出ていたと思います。いままでけっこう自分の
ペースを乱してなかったから、こういうステージができると
いうのはそれだけ成長したんだなあ、と思いながら見てました。

#いやそれにしても、すごい夜だったなあ。普通のブッキングとは
思えない雰囲気で。それはまるで奇跡のようだ。