6f411489.jpg 今日のサンガさんは、ホムスタにて
ヴィッセル神戸との対戦でした。実は
この対戦、過去に(延長Vゴールは
あっても)引き分けたことはないそうで
(試合前の対戦成績はサンガさんの
9勝6敗)、今回がはじめての
引き分けとなってしまいました。

 まあ試合内容からすれば、「勝ち点1が取れて御の字」
だったと思います。得点は(GK榎本のパスミスから?
神戸DFラインでのパスミスをヤナギさんが拾って)
ヤナギさんがGKと1対1になったときのPKですし、
神戸は後半開始早々のボッティとか、水谷がスーパー
セーブを見せたのとか、かなりチャンスを作って
いましたし。サンガさんも、もう少しチャンスを
作れなければ得点を取るのは難しいでしょうね。

(10/14追記:一部訂正。いや、去年の西京極での
榎本パスミスのイメージがあって、今回もその
形だったのかと勘違いしていました)

 しっかし、今回の失点シーンはかなり悔しかったです。
FKから北本が合わせたものですが、この場面は直前の
ファウルを与えた場面で正秀にいさんが治療をして
おり、一時的に10人になっていました。その「今日
いちばん注意をしなければならない」場面であっさり
得点を許したのが、「鉄壁の守備」まではまだまだ
遠い、と感じざるを得ませんでした。

 それでも、なんとか勝ち点1は取りました。天皇杯を
はさんで千葉、大分と「下位にいるけど相性が悪い」
チームとの対戦が続きます。ここでいつも通りあっさり
負けていれば、今年も残留争いに巻き込まれることに
なってしまうでしょう。さあ、ここからが残留に向けての
正念場だ。

J1リーグ 第28節
ヴィッセル神戸 1 - 1 京都サンガF.C.
得点 44分 柳沢(京)、64分 北本(神)