<<1日目の様子はこちら。>>
<<2日目前半(18:00-20:00)の様子はこちら。>>

では、続けて後半にいきます。

*2000-2100 井手麻理子(BIG CAT)
彼女のイメージは「seek〜それが愛かもしれないから〜」
だったり「風と共にながれて」だったり、はたまた
「There must be an Angel」を日本語カバーしてたりと
いうところだったんですが、そのイメージはみごとに
打ち砕かれました。いやあ、とにかくかっこよかった
ですよ。
大阪でライブをするのは三〜四年ぶりでは、との
ことでしたが、あそこまでのステージを見せて
くれるとは思ってもみませんでした。個人的には
「seek」が聴けただけでもよかったんですが、
それ以上に最高のライブでしたね。

*2100-2200 Secondline(AtlantiQs)
本当はclub vijonへ行く予定をしてたんですが、
余裕をこいて夕飯なぞ食べていたらいつのまにか
入場制限が。ということでSecondlineを見に
行ったんですが、ちょっとボーカルが私には
合わなかったなあ。ということでそそくさと会場を
あとにし、同じく入場制限のかかっていたKNAVEで
入場待ちをしてました。さすがにサンタラまで
見れなくなるのは悲しすぎるから。
にしても、やっぱり予定が狂ってきましたね。
まあ、それがこのイベントのおもしろさでもあるん
だけど。

*2200-2300 サンタラ(KNAVE)
入れ替えでなんとか入ることができました。
彼らも独特の雰囲気を持っていて、それがとっても
心地よかったですね。誰かに似てる、とも思ったけど、
それ以上に私好みな曲や声だったと思います。

で、そのアンコールのとき、「新潟で地震があって」
という話が。こういう肝心なときにまたしても
ラジオを持っていない自分が情けない。かなり
離れたところだけど、なにかできることはないん
だろうか。

<<3日目前半(16:00-19:00)の様子はこちら。>>
<<3日目後半(19:00-22:00)の様子はこちら。>>