今日ライブはその名が示すとおり、女性ばかりの
スリーピースバンドが共演していました。バンドの
形態こそ同じでしたが、三組とも全くタイプが違い、
そういう意味でもかなりおもしろかったです。
では、いつものように個別レポートを。

*SUPER EGG MACHINE
彼らに関してはかなりライブを見てきてるので、
感想としても「いつもの感じ」というのがいちばん
いいのかなあ。ただ、今回はマリピー(vo&g.藤井
万利子)があんまりしゃべらず、ほとんどかっぱちゃん
(b.稗田美和)に任せてたのが印象に残ったな。
今回も六月に出たアルバムからの選曲だったので、
そろそろ新曲が聴きたいかも。

*YELLOW MACHINEGUN
二拍子(ツービート?)に合わせてシャウトする
スタイルで、ちょうど女性版ミシェルガンという
感じでした。一曲がとても短く、十三曲あったのに
三十分かかってなかったのも印象的でしたね。

*少年ナイフ
長い間バンドを組んでるだけあり、ジッタリンジンなど
八十年代のテイストが色濃く出てました。当然の
ように彼らの「色」も出ており、やっぱりキャリアを
感じましたね。