なんだか日程が合わず、亜紀さんのワンマンとしては
去年の十周年以来になります。百歌とかでその間も
お会いしてはいるものの、やっぱりワンマンは
違うなあ、と思いながら見てました。

「アウトレット」からのスタートです。今週の
水曜にコンセプトアルバム「うたの素 壱巻」が
発売されたこともありそこからの曲が中心でしたが、
それ以上に感じたのが「シングルのカップリング曲が
多いなあ」だったんですね。あとで配られた
セットリストを見ると四曲がそんな曲で、逆に
シングル曲は二曲でした。さらに去年だした
ベストアルバム「COCOROTO」 からは一曲しか
してないようで、そこからも「うたの素」という
ライブの感じがわかったような気がします。
新曲中心に、普段のライブではできないような
曲を中心にうたっていくんでしたよね。

メンバーも亜紀さんと宮脇天都也さん(ギター)の
二人で、アコースティックな雰囲気が心地よかった
です。実はアクシデントもいろいろあったんですが、
それを含めて「うたの素とはこういうライブなんだ」
というのを見せつけられました。いつもの
ワンマンとは全く雰囲気が違いましたから。