IMG_20191221_160055
 最近は宗教上の理由もありましてノエビアスタジアムから足が遠のいていたのですが、天皇杯だとその理由がなくなりまして。もちろんスタジアムとしては最高だしこのチャンスを逃すわけにはいかないという思いもありやってまいりました。

 なんだかんだでサンガさんはJ2なわけで、やっぱりここまで上にくるチームは違うなあと思いながら見てました。バックスタンド前列だったので前半イニエスタのゴールは目の前で、あの位置だと普段見てるサッカーなら確実に外してたもん。エスパルス的には2点目が痛かったですかね、今日の主審は木村さんでしたがだいぶん流してて手をかけてボールを奪われたのにファールを取ってもらえず、そこが起点になってしまいましたし。ただそこでドゥトラがきれいなボレーを決めて2-1で折り返し、そんなドゥトラはとにかく懐かしかったけどまだまだ十分できてたな。

 そして後半はどちらが先に点を取るか注目していましたが、ちょうどエスパルスが高い位置でボールを奪ってゴールキーパーと1対1になったのをヴィッセルのGK飯倉が止め、そこからのカウンターを逆に決めて3-1となります。そうなるとヴィッセルがうまく守ったのかエスパルスがまったく攻撃できなくなり、そのままタイムアップとなりました。

 結局のところちょっとした差というか、トラップとか視野とかが少し相手を上回ればそれだけの差がついてしまうのかということを見せられた試合になりました。今年はまた元旦国立か、どんな試合になるんだろう。