IMG_20191018_194557
 最近新しい人をまったく見てないなあと思ってて。そのなかでvijonが女性ヴォーカルイベントをしていたのでちょっとのぞいてみることにしました。


 到着は19時45分、マヨナカゼダイがラスト2曲でした。はじめはチャットモンチーぽいかと思ったけど全体の印象としてはねごとかな、ある程度できてるとは思うけどもうひとつなにかほしいなあ。さてと、おそらく中盤だとは思うのですがぼちぼちやっていきましょうか。

*青い金魚
 女性Vo&Epf,男性Drの2人組。すっごくAndareっぽいと感じたのは編成が同じだからだけではなかったような。
 なんというか、声がずっとフラットなので「歌ってるなー」以上の感想が出てこないんですよね。個人的に感情がある声のほうが好きなのもあるけど、今の状態だと曲の違いがテンポでしか見えないように思ったのです。コーラスの入れ方はかなりうまかったけど、結局「うまい」で止まっちゃうとその先が見えなくなるんだ。

*いつは
 Vo&Epfで、サポートにGt,Gt,Ba,Dr。ユアリーフというバンドをしてたそうで、そのことば自体がかなり意外に聞こえたんだ。
 それは、このバンドセットが典型的な「ひとりでしか歌ったことのない人がノリでバンドにしてみました」というものに見えたからで、声に関しては咽頭炎だったらしいし本調子じゃなかったかもなのを差し引いてもリズムもバランスもバンドの「一体感」とはほど遠いものだったからなのです。それでいて2曲目とかリズムをコロコロ変えてたからな、まあ彼らはできてると思ってるんだろうねえ。


 *ofuton
 オフトンと読むそうです。女性Vo&Epf,男性Gt,女性Ba,男性Dr,女性Key&Choの5人組。なんというか、全体的に平均点な印象だったかなあ。
 こういう編成でいうとKiroroが近いのかなあと思いながら、ただマイラバとか花*花とかも思い出しながら聞いてると「ちょっと特徴がないかなあ」と思ったんだ。その意味でもっと自分たちのやりたいことを前に出してもおもしろそうな気がしたけどな、ある程度完成されてるのようにも見えたし彼ら次第か。