IMG_20190926_215612
 なんだかひさしぶりな気がするメランコリーメランコリーが企画をするそうで。だいぶ仕事の状況が見えずどうなるかと思っていましたが、なんとか片づいたのでMUSEへやってまいりました。


ライブへ行くまでのあいだにメランコリーさんの曲をかけていたのですが、まあびっくりするくらいわからないのが多くって。それだけしばらく聞いてないってことか、そういや今日もひさしぶりだもんなあ。とか思いながら到着は19時20分、おそらく全員書けるくらいの時間です。

*PG Good Taste
 Vo&Gt&シンセ、Drの男性2人組で、打ち込みもたっぷり。まあなあ、普段聞くようなジャンルじゃないしあんまわかんなかったんだけど。
 やってることとしてはラップだとは思ってて。ただこういうジャンルってそこまで「歌わない」もんだっけ、というのがとっても気になったんだ。なんか音階は動いてるけど基本的にはしゃべる声で、そこがまったく合わなかったかなあ。

*the Howl
 Vo&前2曲後1曲Gt&真ん中3曲Epf,Ba,Drの3人組。説明的なMCから最後の曲への流れがとってもウエンツぽかったのは気のせいだろうか。
 「ハッピーな曲をうたう」って何回も言ってたのですが、その言葉と曲があんまりリンクしてこなかったのです。割と高い割に聞き取りやすい声をしてたのでそこに可能性は感じたものの、おそらく彼らのやりたいこととは違うんだろうなあ。それこそBuena Vistaを見て彼らがどう感じるか知りたいかな、言われればハッピーとも取れるなあとは思ったもん。

*aurelia
 オウレリアと読むそうです。Vo&Gt,Gt,Ba,Drの男性フォーピース。仙台からやってきております。
 はじめは「よくあるロックバンドだなあ」と思ってたのですが、聞いてるうちに「ちょっと違うかも」と感じたところがあって。うまく言えないけどそれは「会場が広く見えた」ことで、この技術があればおそらくもっと広いところでもしっかりみんなに届けられるんだろうなあと思いながら聞いていたのです。そっか、意外とそんなところでも「よくあるロックバンド」を脱出できるのかも。

*メランコリーメランコリー
 じょVo&Gt,女性Gt,男性Ba,女性Drのフォーピース。まあねえ、ひとことでいえば「おとなになった」ってことなんだろうけど。
 声の使い方とかもけっこううまくなってて、ただ個人的には彼女のパワーが好きだったので複雑なところもあって。そういえば半分くらい知らない曲だったな、新曲もたくさん作ってるらしいのでどんな曲があるのか期待しておきましょう。