IMG_20190713_181226
 なんだか花*花さんひさしぶりな気がするな。そんななかで今日はノンケーズとライブをするそうで、これはおもしろそうだと思いやってまいりました。


 まずは花*花とノンケーズにサポートの小林俊太郎さんも入って「私の青空」を演奏しました。これ、前に聞いたのが15年くらい前の吉祥寺三姉妹以来だったのでなんかいろんなことを思い出してたんだ。あの3人って今どうしてるんだろう、ちゃんと追いかけてるのってみちるさんだけだなあ。

 そのあと前半はノンケーズのステージでした。Vo&Gt(ウルフルケイスケ),Per(大久保ノブオ)の2人組で、サポートにEpf(小林俊太郎)です。いやいや、さすがずっと第一線で活躍してるだけのことはありますよ。
 大久保さんは元ポカスカジャンということもあるのか、まあMCの流暢なこと。花*花さんもけっこうなものですが、ステージの進め方は負けず劣らずでしたよ。もちろんウルフルケイスケさんが歌うと彼の世界がきっちり見えてくるわけで、あっという間に時間が過ぎていきました。そういえばケイスケさんまきこさんのことを「おのまき」って呼んでたっけ、その呼び方は聞いたことなかったのでちょっと新鮮でした。

 そして後半は花*花のステージです。Vo&Epf,Vo&Epfの2人組。来年(メジャー)デビュー20周年というのもあるのか、懐かしい曲が中心になっていたように思います。
 あとで見直してみると「アラサーのときに作った曲です」と言って会場をざわつかせた「いつも心に花を持て」がいちばん新しくて、しかもそれが活動再開後の曲としては唯一だったようです。「さよなら大好きな人」「愛を少し語ろう」などのしっとりした曲が多かったですがもちろん「あーよかった」もやってくれましたし、特に最近また聞くようになった方にはおもしろいセットリストだったと思います。

 そしてアンコールは5人がまた出てきてガリガリ君のあとにウルフルケイスケさんの曲だったのかな。とにかくにぎやかに終えることができ、それがこちらにも伝わるいいライブでした。

花*花 スーパーベスト・コレクション WQCQ-275
花*花
ワーナーミュージック・ジャパン
2014-07-01