IMG_20190619_185124
 knaveが今月で17周年とのことですが、気がついたらもう下旬に差し掛かろうとしております。こういうお祝い事はちゃんと行きたいよねということで、ひさしぶりな方も見たかったしやってまいりました。


到着は18時50分、オープニングアクトのバニーブルースは1曲ちょっと。誰に似てるかと言われればCASCADEだろうな、それこそ90年代後半に一世を風靡したヴィジュアル系のにおいがしててけっこう興味深かったのです。さてここから本編のスリーマン、今日ものんびりやりたいと思います。

 Vo&Gt,Gt,Ba,Drの男性フォーピース。ああそっか、結局彼らのルーツはそっちだもんな。
 特に曲と歌い方からだろうけど「よくある歌い上げ系シンガーソングライターがバンドでやってます」というふうにしか見えなくて、それはずっとそういう世界でやってきてるからだろうし仕方ないところもあるかなあ。ただその意味で今日の対バンってかなり世界が違うので、こういう場からなにを吸収したかが今後の彼らを決めていきそうな気がします。これでいいと思っているならずっと変わらないだろうし、もすこし武器があればそれでも通用するとは思うけどね。

 男性Vo&Gt,女性Vo&Gt,男性Ba,男性Drのフォーピースで、3曲は映像だったり打ち込みだったりも。女性Vo&Gtはひさしぶりに歌ったそうですが、完全にツインヴォーカルバンドだと思ってたのが最近見てない証ですね。
 45分のなかでしっかりストーリーを作ってくるのはやっぱりさすがだなあと思ってて。だいたいが「弱い男」の曲で、映像があるとそれも含めて世界を見せるからまた興味深いものがあるのです。そんな意味でZIGGER'S SONとかにも近いのかも、意外にこういうアーティストって少ないんよねえ。

Vo&Gt,Gt,Ba,Drの男性フォーピース。そっかワンマンやったの去年だったっけ、まだしばらく次のワンマンはないのかも。
 勢いをいつもより抑えてるような気がしたのですが、それはどうやら45分という長めの持ち時間に合わせて調整してたようで。確かに普段は30分のことが多いけどそれしかできないのはね、ある程度は仕方ないところもあるのかもしれないけど。