IMG_20190512_155801
 今日のサンガさんは岡山との対戦でした。勝てて良かったという気持ちと、この内容ならもっと余裕を持てたのになあという思いが交錯しております。


ずっとKBS京都ラジオで上田亮三郎先生の解説を聞いていた影響はあるだろうなあと思いながらですが、今日の内容なら前半のうちに試合を決めきることができたと思っています。今日も早い時間にビツさんのフリーキックが跳ね返ったのをふたたびシュートしたら相手のクリアがゴールに吸い込まれ先制することができました。そのあとも30分くらいまでは押し込んでいたものの、そこでシュートができないまま若干の不安を残して前半を終了します。

 すると案の定というか後半は岡山のペースになり、サイドからのクロスにヨンジェが合わせて同点に持ち込まれます。そこからつーりおさんや一美を入れて守備を安定させつつ高さを使うようになり、でも決勝ゴールは小屋松の突破からフリーに開いた仙頭くんが決めるという形になりました。その直後にフリーキックを与えたり危ない場面はあったものの、なんとか2-1のままタイムアップの笛を聞くことができており、残り2分くらいで森谷アナが「サポーターは勝利を確信しています」みたいな実況がありましたけどまったくそんな気分ではなかったですね。

 結局どこを目指してるかというはなしになるのですが、昇格を口にするのならばこういう試合は楽に見させてほしいと思ってしまいます。昨日時間があったので山口と大宮の試合を見ていましたが、やっぱり大宮くらいに個の力もあってチームも完成されていると「まだまだかなわないなあ」と感じてしまうのです。いまはラッキーで勝ち星を拾っているのかもしれないけど、このサッカーを熟成させればまだまだ伸びていけるはず。それを見せてほしいし、まだまだこの位置なら昇格を狙うことも不可能じゃないのかもしれないよ。