IMG_20190506_183947
 たまに会うけど最近とんとライブ見てなかったのですが、雪絵さん出るしひさしぶりに見ようかなあと思い歌う魚へやってまいりました。


 なんとかみんな書けるくらいの時間に到着した模様です。実は最近見てない界隈なので、どんな感じなんだろうな。

*坂本千絵
 ギター弾き語り。まあみごとに女性シンガーソングライターという印象でした。
 歌唱力はありそうだと思ったけど、テーマだったり曲の感じだったりがホントよく聞くもので。もう少し特徴が出れば変わりそうかな、どうだろう。

 Vo&Gtで、サポートにGt。去年活動10周年だったそうで、それはキャリアとしてしっかり見えてたな。
 かの香織っぽいなと思いつつ、歌もしっかり歌えてるし、世界もちゃんと見えてたし。なんとなくこの編成じゃなくってバンドだったりコーラスを入れたりしたらおもしろくなりそうな気がしたな、そんな可能性も含めて興味深かったです。

 ピアノ弾き語り。悪くはないと思うんだけど、その差は意外に大きかったかも。
 声の出し方が鬼束ちひろっぽいなと思いながら、MCを含めた全体的な印象は佐合井マリ子で。ただ彼女と比べたときに声量というか声のパワーが圧倒的に足りなくて、そのせいでステージも薄くなってしまってるように見えたのがかなり残念でした。まずはそこからだな、声が太くなるだけでも印象はだいぶ変わるはず。

 ピアノ弾き語り。MCの感じがいつもと違ってて、それが新鮮というかおもしろいというか。
 1曲目「ピアノが横向きなのでアカペラで入ります」からの「ルナ」で、もうそこから「そう来ますか」と思ってたもん。昔の曲から最近の曲までまんべんなく聞かせてくれましたが、最近の曲ってメロディーが難しいのか個人的にしっくりきてないのでなんとかなじんでくれればいいなあと思っております。

 ギター弾き語り。そだなあ、どうやったら彼が輝けるのかずっと考えてたんだ。
 声の質としてはやっぱり堂島孝平っぽくて、割とうしろに向かう声なのでアップテンポな曲だとバランスされてしまうように見えるんよな。それ以外にもいろいろ考えてたんだけどいちばん思ったのはは歌詞とメロディーのバランスで、特にもっと「わかりにくい」歌詞が書ければもすこし違う世界も見せられるように思います。