IMG_20190414_155656
 今日のサンガさんは金沢との対戦でした。これだけの試合ができても入らないのは、やっぱり雨には勝てないということなのでしょうか。
 正直この雨だし行くかどうかはかなり迷ったのですが、試合が終わったあとは「行ってよかった」と思いました。それはもちろん勝ったこともあるのですが、それに加えて内容でも「どうやって相手を崩すか」が明確になっていたことが非常に大きいです。前後半を通じて崩そうというシーンが随所に見られ、ただそれがゴールという結果にはつながっていないことがいまのサンガさんをあらわしているのだと思います。これでちゃんと結果がついてくればしっかり優勝を狙えるだろうけど、ここまできただけでも去年のことを考えれば奇跡に見えてしまうしまずはこれを続けることしかないんでしょう。

 前半のうちに金久保のミドルが相手ディフェンダーに当たりキーパーが取れなくなってゴールに吸い込まれ、後半もほとんどサンガさんペースだったにもかかわらずちょっとしたところで失点してしまいます。あれなあ、本多のミスからいったん圭介がセーブしたけど流れのスローインでやられたよね。最近ほとんどセットプレーからやられてるので、それをきっちり対策できるだけでも勝っていけそうな雰囲気はでてるしそこはなんとかしてほしいところです。

 そんななか、決勝点は仙頭くんのPKでした。本日の主審は池内明彦さん、いつかの愛媛戦での記憶が蘇る方も多いと思います。まずあのシーンはこちらのゴール裏で起きたことでして、確かに相手ディフェンダーに押されてバランスを崩したようには見えたんですよね。そうならカードなしのPKは妥当かなあ、あとでビデオ見てみよう。あと全体的にはちょっとファールの基準がわからない(特に「なんであれファールじゃないんだろう」)ところがあったものの無難に裁いていただきました、その意味で今日いちばん気になったのはボールパーソンだったっけ。

 とにかく今日はこれだけの試合ができたことが大きくて、それだけに雨のせいで3434人という観客動員数は残念でなりません。やっぱり去年のこともあるし雨だと行きたくなくなるよねえ。あの2年で失ったものは大きいけれど、それを取り戻すにはこういう試合を積み重ねていくしかないんだ。