今日のサンガさんは、大宮とのアウェイでした。状況がよければ遠征も考えてたんだけどな、行けばよかったと思うのはただの結果論ですね。

なんだかよくわからないあいだに2点を先行し、かなり優位に試合を進めることができます。そのためか上位に食らいつきたい大宮も圧力をかけてきましたし、そこでPKを献上して1点差に詰められもしました。

ただ、その圧力が大宮にとっては焦りにもなったように思えました。確かに大前がクロスバーに当てたり圭介のビックセーブがあったりもしましたが、シュート数の割には危ない場面は多くなかったように思います。それがやっぱり上位争いなんだよね、それにもしびれるけど最近ご無沙汰よなあ。

気がつけば残り3試合、残りは愛媛・千葉・讃岐と下位のチームが続きます。ようやく調子が出てきたサンガさん、これで来年につながるかは疑問ながらなんとか最低限の目標は達成できそうです。ようやくここまできたんだな、まったく納得してはいないけど。