IMG_20181005_190843 本来のタイトルはもっと長かったのですが、みんなこう言ってたしまあこれでいいや。ミナホの前の日はパス交換のために心斎橋へ出てくるし、このへんでなんかないかなあと探していたらknaveにやってまいりました。



 前夜祭ですしパスの交換とかしてたら到着は19時を回っており、1番手がちょうど終わったところのようでした。残りは4組、みんななんとなく知ってるしのんびりやりますかねえ。

 女性Vo&Gt,男性Ba,男性Drのスリーピース。「もう少しなにかが足りない」と思いながら、でも彼らの世界として完成してるんだよなあ。
 まあ「ギャルバンだよね」という思いもあるんだけど。たとえばかなり攻めた歌詞を書いてるのに、それが客席に伝わりきってないように見えたんだ。たとえば声だったり歌だったりで表情が出ればだいぶ変わりそうだけどな、世界ができちゃってるとねえ。

*ヤジマX
 カラオケ。はじめのほうでいちばん笑ってたのが倉坂さんだった気もしますが、それはある程度知ってることも大きいのかな。
 「メーメーっぽい名前の」バンドを相当前から知ってる私も「らしいなあ」と思いながら見てましたけど、冷静に考えるとこのアウェイでいつものことをきっちりやってのけるのはけっこうすごいことだし、それが経験というものなのかも。やっぱりおもしろかったのです、ちゃんと見るタイミングつかまないとな。

 Vo&Gt,Gt,Ba,Drの男性フォーピース。見たことなかったんだっけ、かなり勢いを感じるバンドだったな。
 はじめのほうでドミンゴスっぽいと感じてスローテンポなきょくでCASCADEっぽい歌い方だなあと思ったし、そう考えるとその2組の真ん中あたりなイメージだったかな。バンド名のとおりテンポはしっかりしてたし、きちんと会場を巻き込めていたのはさすがでした。

 男性Vo&Gt,男性Ba,女性Dr,女性Key&Cho&Gtの4人組。「スーパーカーシンドローム」ってスーパーカーへの憧れでつくった曲なんだ、それでちょっと見えてきたかも。
 なにせスーパーカーって世代のはずがまったく通ってないので、彼らにピンとこないのも似たような理由なんだろうな。でも今日はリハーサルなかったとはいえちょっとバランスが悪いように見えて、特にコーラスがもっときれいにヴォーカルと重なってくれればなあと思いながら聞いてたっけ。