IMG_20180928_185813 どこからか「久宝さんが出る」というメールをいただきまして、当時はよく聞いてたしそりゃ行ってみたいよねと思いサンホールへやってまいりました。彼女が大阪に来るのっていつ以来なんだろう、まったく記憶にないし下手すれば20年近く経ってるのかも。



ちょっと早めに出てきたとはいえ到着は19時15分くらいかな、1番手カノエラナが佳境に入っておりました。歌い方とか曲の感じがそれこそ久宝さんとか鈴里真穂っぽかったし、その意味でこの場に呼ばれたのはなるほどなあと思ったっけ。ただ昔はこういう感じも好きだったんだけど今はそうでもないんよな、やっぱ趣向も変わっていってるということなのかも。さあ、いよいよだあ。

*久宝留理子
 Vo&Gtで、サポートにGt,Epf。なんかね、「懐かしいな」というところで思考が止まってしまってたかなあ。
 90年代前半にかなりよく聞いてたから、「うわあれ曲名なんだっけ」というのはあってもだいたいは知ってたしその意味で懐かしかったし。彼女自身の世界も健在で、それもまた昔を思い出すにはとってもよかったのです。ただね、なんていうか「もっと聞きたい」という感覚にはならなくて、それはやっぱりあのときよりいろんな曲を聞いたからなのかなあとかちょっと感傷的になったりもしたのでした。

*永井真理子
 Voで、サポートにGt,Gt,Epf。ピアノは井出泰彰さんかな、いまはサポートでも活躍されているんですね。
 さすがガールポップの王道で、それがいまでも色あせていないのがすごいなあと思いながら見ていました。サイリウムを振ってるところに行くことはめったにないのでそれも新鮮だったし、でもそれは彼女もファンもいろんなものを取り入れているからなのかも。途中10年くらい休んでたというはなしもあったけどまったく感じさせない、今の彼女をしっかりと見せたいいライブでした。

#そしてアンコールは3人が出てきて「ミラクルな曲」ミラクル・ガールでした。あそっか、ながまりさんの曲ってZuttoときれいになろうくらいしか知らないやと思ってたけどこの曲があったんだ。最後らしくみんなでわいわいと夜は更けていったのでした。
「キョウカイセン」
カノエラナ
ワーナーミュージック・ジャパン
2018-02-07

THE BEST
久宝留理子
Sony Music Direct
2007-12-19

GOLDEN☆BEST 永井真理子〜Complete Singles Collection〜
永井真理子
ソニー・ミュージックダイレクト
2011-08-17