IMG_7385 今日はどうしようかと思っていたのですが、ちょっと気になることもあったし見ておこうかということでknaveをのぞいてくることにしました。



 到着は19時半前、Transit My Youthがが1番手だとは思っておらず入ったときにめっちゃ聞いたことのある曲で「やってもうた」となりました。いやしまった、彼らはちゃんと見たかったからもう少し急いで来るべきだったんだ。まあそんなこと言ってもはじまらないわけで、残り4組をのんびり見ることにします。


submarine dog

 Vo&Gt,Gt,Drの男性3人組で、サポートにBa。「カントリーバンド」って言ってたっけ、確かにそんな感じだったかなあ。

 全体的にカントリーな雰囲気は出てたと思うけど、声だけがちょっと重かったかなあ。もっとパワーがあればPeteBestっぽくなったかもだけどそうでもなさそうで、ってそもそもそれカントリーじゃないよね。どうも「こぶしが入ってる」場面があってそれが重さをつくってるように見えたので、まずはどんな声が自分たちの曲に合うかを考えてみてもいいのかも。


楽しんでいこうや西岡と狂ったチワワズ

 Vo&Gt,Gt,Drの3人組で、サポートにBa。なんか座っててなんでだろうと思ったらどうやら左足を骨折したそうで、これ普段はもっと暴れてそうだな。

 どっちかといえばパワーポップっぽいなあと思いながら聞いてたけど、最後の曲の感じとかはもろ中村一義だったかな。あの感じって実は歌唱力が要求されるけどそこまではなかったというか、特に高音域がだいぶ弱かったのでそこはなんとかできればなあと思いながら聞いてました。


くすり

 女性Vo&Gtで、サポートにGt,Ba,Dr。なんというか、だいぶ感覚で動いてる印象を受けたかな。

 もろadvantage Lucyのようなギターポップで、その雰囲気は悪くなかったけど。ただ音程が不安定というか「彼女自身もどこが正解かわかってないのかも」と感じて、そこはちょっと意識したほうがいいように感じたかな。やっぱり「ちゃんとした音階」というのはあるだろうし、それが見えないとどうしても下手に聞こえてしまうもん。


オトエスト

Vo&Gt,Ba,Drの男性スリーピース。そだな、あとは声の勢いだけに見えたけどな。

 演奏に関しては3人の息も合ってるし、ちゃんと勢いもついてると思います。ただそこに声がブレーキをかけてるように見えて、それがしっかり勢いを持っていけばだいぶんおもしろいのになあと思ったんだ。歌詞もちょっと考えさせられるのか「止まってしまう」場面もあって、そんなのも含めて勢いを出せればかなりいいバンドになると思いました。