今日のサンガさんは町田とのアウェイでした。同点に追いついたときには「これちょっと運が向いてきたかも」と思ったのですが、それでも勝てないってのはやっぱりそれだけ実力の差があるってことなんですかねえ。

DAZNで見てると解説の安永聡太さんにまあいろんなダメ出しをされていましたが、それに反論できないというか「やっぱりそう見えてるんだねえ」という状況では上位と渡り合うことはできないんでしょう。やっぱ戦術が見えないからな、それって今年はじまってからずっとなのでほぼ諦めつつありますが。

そんななか町田は平戸のフリーキックがバーに当たって入ったようにも見え(正直「あれ入ってるかもしれないけど取れないよね」と思ってたらリプレイだとばっちり入ってた)、ロペスの得点はオフサイドラインをうまく抜け出して(これはたぶん自陣から抜け出してるのでオフサイドじゃない気がします)と「これは運があるのか」というシーンが出てきます。ただ、それがあっても負けたってことはそれだけの運があったとしても勝てないということで、上位相手とはいえ相当な実力の差を見せつけられることになりました。

ってか失点はどちらもコーナーキックからだったようで、そりゃあ毎試合失点してるよねというのがよくわかる試合でもあったような気がします。そんなことを言ってても次はもう日曜か、もうこれはちょっとやそっとじゃ難しいってことなのか。そうじゃないことを見せてほしいけど、それがここまで続いている事実はかなり重いのです。