IMG_6522 今日は「進藤くん明日引っ越すのかあ」と思いつつ歌う魚へやってきました、やっぱり見られる機会は減ってくるだろうしさ。


 ゴールデンウィークの谷間だし余裕で行けるよねと思ってたはずが、意外と手間取って着くのぎりぎりになってしまいました。それでもみんな見られたかからいいかと思いつついつものいきます、今日は全員ギター弾き語りでございます。


石庭未来

 そっかあ、ちょっと彼女のやりたいことが見えなくなってきてるかなあ。

 最後の曲とかえありーさんっぽくて、確かに「声の感じと歌詞が違う」という意味では似てるのかも。蕗子さんをイメージしてるとちょっと違ってて、いまの声ならFirst Impressionなんかが参考になりそうな。もうすこし声で詞の世界を見せられたらだいぶ見え方が変わるかも、どうだろう。


佐藤秀人

 転換BGMでカーテンズがかかってて、その流れで聞くと「あー」となるパターンでした。

 まあ悪くはないと思うんだけどね。割とうたってる要素が多くって、ただ歌詞が入ってこなかったかも。もっとわかりやすくなれば入ってくるのかな、そんな世界の人って意外といるけどね。


soto

 ああそっか、やっぱり続けて見たらわかってくるんだな。

 1曲めで「初恋」のイメージとみごとにかぶって、ということはこのいなたい歌い方って小島麻由美っぽいんだわ。詞の世界なんかも含めればSHUUBIっぽい部分も見えたけど、そう考えると割に独特の世界だなあと思ってたのに納得がいきました。すべてが参考にはならないだろうけど、彼らの世界ものぞいてみればまた「彼女らしい」世界も変わっていくのかも。


KEEWO

 2曲ほど12弦のギターを使っていたのですが、あれだけ音の広がりが違うんですね。

 なんか東野純直とか法城慎一郎とかが浮かんできてて、オーソドックスな曲をきっちりと自分の世界で歌い上げておりました。もうひとつなにかあれば一気にいきそうかな、とはいえそんな世界は懐かしかったなあ。


進藤宏希

 いやいや、やっぱり思うところはあったのかなあ。

 なんていうか普段より明らかに攻めていて、しかも新しめの曲が中心でアレンジもあんまり記憶にない曲すらあって。いつもは緻密につくっていくほうだと思うので、やっぱ大阪を離れることとかKEEWOさんの話があったりとかで気持ちが違ったんだろうな。いつもとは明らかに違ったけど、だからこそいいものを見せてもらいました。