今日のサンガさんはカマタマーレとの対戦でした。いや、あれだけ盤石の試合してたのに1点しか取れなくて勝てるわけないし、それ以前に失点したらはじまらないってことですよね。

前半からほとんどサンガさんのペースで、カマタマのチャンスは試合を通じてもひとつあったかどうかだと思います。それでも引き分けになったのはサンガさんが最後のところで精度がなかったことと原一樹のフリーキックがきれいに決まったことで、やっぱり彼のサンガキラーっぷりが出ていたように思います。なんかいつもやられてるイメージなんだよな、それは続いていくんだなあ。

その直後にとんでもなくルーズになった守備をついて同点に追いついたのはいいものの、そこからもサンガさんのペースは続くものの決定機といわれるほどの場面はなかったような。今日の讃岐は割と軽めの守備だったように見えましたし、そこで取れないのがいまのサンガさんを象徴しているように思えました。

そんなわけでなんとか勝ち点1、残留ペースを脱することなく低空飛行が続いております。今年は昇格できると思ってなかったのでそれはいいけど、来年J2で戦えないとなればもちろん話は別です。この先どれだけ勝てるチームがあるんだろう、それ次第で来年のことも変わっていきそうだな。