今日のサンガさんはジェフとのアウェイでした。前半はかなりひどい試合で、後半持ち直すかと思えばそうでもなかったような。

前半のうちに0-2となり、後半の頭から宮城に代えて下畠を投入します。そこで闘莉王さんがアンカーというか宮城のポジションに入り、少し持ち直したようにも見えました。ただそれってジェフがそこに順応できなかっただけで、15分もすると結局はいいところなく終わってしまったように思います。

結局いいところがあったかというとそれを見つけるのも難しい試合で、枠内のシュートも岩崎くんの1本だけだったような。前半のほぼ相手にポゼッションを奪われてたときもそうだけどやっぱりやりたいことがまったく見えず、そうなると得点を奪えるわけもないんですよねえ。

さて、次は讃岐戦ですか。相手がどこでも相当難しい試合が続くことはよくわかったのですが、その先にはなにがあるんだろう。もう来年の約束ができればそれでいいのですが、それもかなり厳しいのかも。