あ、けっこういい時間。今日は意外と見てない人たちがいたので酔夏男をのぞいてくることにしました。


到着は20時前、さつきのあきが2曲ちょっとでした。そだな、声から見えるイメージと曲の感じが合わなかったというか、その声で表現できることって限られてしまうよねというか。そして残り3組かな、ぼちぼちやっていきますか。


soto

 ギター弾き語り。そだね、前に見たときとあんま感想は変わらない気がするけど。

 割とダークな曲をうたってるけど、その声がけっこうオーソドックスというか軽めというか。あの曲の感じだとSHUUBIとかジャンスマあたりの「ざらっとした」ものがほしいと思ったし、それができればもっと曲に引き込まれるようになると思ったんだ。


湊ヒロミ

 ギター弾き語り。そうだな、声の感じはもっちーっぽかったかも。

 全体的な印象として「のっぺりしてるな」というのがあって。特にアップテンポな曲がちょっとスカスカに聞こえてしまってて、それはなんとかしたいところ。スローテンポな曲でもだいぶ「ためる」癖があるみたいだし、そんな「もたっと」してしまうのがなくなればもっとよくなるはず。


岸本丈夫

 ギター弾き語り。今日唯一の男性です。いやいや、相変わらず安定してるわ。

 いままでよりちょっとテンポが違うかもな曲があったりもしたけれど、でもじぶんのやるべきことはしっかりやりきってるからな。それがやっぱりいちばんだし、意外とできなかったりするんだよね。