今日はちょっと見たかった方もいたしってことで酔夏男へやってきました。ってかここいつ以来だろう、なんか足が遠のいてたな。


到着は19時半すぎ、2番手からになります。まあ今日もぼちぼちと、って意外と書いてる気がするけどまあいいか。

 電子ピアノ弾き語り。そだねえ、森山直太朗あたりの音楽がやりたいのかなあ。
 ただそれもなんとなく表面的に見えて、もう少し声が前に出てきてほしいんだよねえ。あとピッチにしてもリズムにしてもなんとなく甘くって「あれ?」と思う場面もあったので、ああいう音楽をする以上クオリティがないと厳しいしそこはがんばってほしいと思ったかな。

 ギター弾き語り。うーんそっか、やりたいことはわかったけどまだきちんとはできてないかなあ。
 歌詞はかなりトゲを持ってるけど、それを声で表現できてるかというと「かわいいな」という感じが前にきてるというか。4曲目だったかな、配布音源の曲は(すっごく蕗子さんっぽいなと思ったけど)やりたいことが伝わってきたので、そんな曲をどうやって増やすか、かなあ。意外と怒りを前に出すだけで違うかも、声の強弱だけじゃなくて。

 ギター弾き語り。へえ、なんかちょっと感慨深かったです。
 はじめは「どうだろ、片平里菜っぽいかなあ」って思ったんだけど、2曲目で「あ、小南泰葉っぽい」と感じて。彼女たちって私がライブハウスに通い詰めてから出てきた人たちなので、彼らが真似される世代になったんだなあというのがね。

 ギター弾き語り。そだな、よくある歌い上げ系シンガーソングライターにしか見えなかったなあ。
 まあきちんとは歌えてると思ったけどさ、まあでもこんな感じの人ってそれなりにいるからねえ。ひさしぶりに古家学さんを聞きたくなったけど、もっと気持ちが出てくるか個性が見えるかしないと厳しそうだなあ。