image 遅ればせながら、あけましておめでとうございます。今年も変わりなく書いていこうと思いますのでどうぞよろしくお願いします。
さて、今日はなにやらフェスがあるらしいということでROCKTOWNにやってまいりました。割と見たことない人たちが多くて「この機会に見ておいて損はなさそうだ」と思ったのです。

開演直前っても14時半に着いたのですが、もうすでにたくさんの人が開演を待ちわびておりました。さあさあ今日は長丁場、のんびりやっていこうかと思います。

超能力戦士ドリアン
Vo,Gt&Vo,Gtの3人組で、打ち込みもいっぱいでした。へえ、最近よく名前は聞いてたけどこんなバンドなんだね。
ざっくりとした表現だと「岡崎体育とヤバTのいいところを彼らなりに混ぜ込んだ」感じに見えました。なるほどねえ、かなり有名な2組だもんそりゃおもしろいわ。歌詞とかちょっと弱いところはMCでカバーしてたように見えて、とにかく濃密な30分でした。

竹内アンナ
ギター弾き語り。いきなり思い浮かんだのがゾラ様ってのがそっかあって感じでした。
ちょっと北欧系な歌い方で、うまいとは思うんだけどね。まだ若いからこれからいろんな経験を積んだら変わっていくかな、変わってほしいなあ。

レベル27
Vo&Gt,Vo&Gt,Ga,Ba,Drの男性5人組。そうだな、ひとことで言えばMILKBARとかの京都系かな。
この編成にしてるということはコーラスに力を入れてるのかな、ただちょっとそれが合ってないところがあったのはかなり残念だったかなあ。自分たちの強みはわかってそうだしそれを磨いていくことがいちばんだろうね、できないことはなさそうだもん。

#このあとはスノーマンからおふたりが出てきてカバーを3曲ほど。葛飾ラプソディーとかひさしぶりに聞いたな。

フィッシュライフ
Vo&Gt,Ba,Drの男性スリーピース。そだな、ちょっと声のバランスが悪かったかも。
メロディーが難しいのか歌いきれてないところもあって、それ以上に声が「うた」と「勢い」とのあいだで板挟みになってるような気がしたかな。音程の甘さがなんとかできればそれにこしたことはないけど、たとえば3曲目くらいの勢いを出せる曲が増えてくるだけでも変わっていきそうな気がしました。

カヨコ
ギター弾き語り。いやいや、知ってるからというのもあるけど安定感が半端ないわ。
アニソンっぽい歌い方とかは確かにそうなんだけど、しっかり彼女の世界を見せてくれるもんな。それがあるから安定感にもつながってくるんだし、それがしっかり心地よかったのです。

LINE wanna be Anchors
Vo&Gt,Gt,Baの男性3人組で、サポートにDr。そだな、よくあるギターロックだったかな。
全体的に彼らの世界はしっかりできてたし悪くないとは思うけど、もっとなんか特徴がほしかったなあ。最後のMCでだいぶん熱いことを言ってたけど曲に入ったらみごとに「歌ってて」、それがいまいち信用できないところなんだ。

林青空
ギター弾き語り。やっぱり悪くはないんだけどな、なんかが足りないような気がするんだ。
歌詞をちゃんと聞けばしっかり自分のことを書いてるしおもしろいんだけど、それがいまいち伝わってこないんだよね。声の説得力とかなんだろうけど、そういうのが備われば相当おもしろくなるとは思うんだ。

クアイフ
女性Vo&Epf,男性Ba,男性Drのトリオで、打ち込みも入っていたような。前に見たの3年前のミナホか、その間にメジャーデビューしてたのね。
オーソドックスな曲をオーソドックスに歌う、まさにいきものがかりのようなイメージだなあと思いながら見ていました。個人的にはトリオ編成に明るい声は似合わないと思ってるし声も前に出てないからそんな引っかからなかったけど、それこそいきものの隙間を埋めるようなことがあれば一気に行っちゃうかもね。

スノーマン
女性Vo,男性Gt,男性Baの3人組で、サポートにDr。ああなるほど、前ちらっと見たときに思ったのはそういうことだったんだな。
声の感じも曲調も、とにかくアニソンシンガーと言われる条件をすぜんぶ兼ね備えているように見えたんだ。それでいてしっかり歌えてるし、おそらくちょっとしたきっかけでその世界に飛び込むことさえできれば大爆発するんじゃないかと思います。今日もお客さんいっぱいだったし、その日はそんなに遠くないかもね。

#そんな彼らは本日のライブから改名することが予告されており、新しいバンド名は「スピラ・スピカ」だそうです。これもまた未来に向けての一歩なのかも。