image 明日長崎でなんかあるらしいので「ついでにどっか行けるかな」と思い調べてみると、どうやら北九州のホームスタジアムであるミクスタでホームゲームがあるらしい。あっこ行ってみたかったんだ、ということでついでに寄ってくることにしたのです。

到着が前半20分くらいだったのかな。今回はメインスタンド上段での観戦でしたが、そこには見たことない光景がありました。

image 後ろに海があることも大きいのかな、昔ベアスタで同じような場所から見たはずなのにそれともちょっと違ったんだ。上からだけど試合の臨場感もはっきりわかったし、あの本城を考えるとそれは素晴らしいとしか言いようがなかったのです。

そして今日は「ミクスタ満員大作戦」ということでチケットも完売となり、13,000人をこえる観客で埋まりました。そのなかで後半25分くらいまでギラヴァンツは攻撃のギアを上げているものの最後の精度が足りずに歓声がため息にかわる場面を繰り返していたように思います。ただ、そのあと息切れしたのかFC琉球に簡単なパスを通されたり抜かれたりする場面や山岸が(まあ気持ちはわかるけど言い方が悪すぎたね、という異議の)カードをもらうなど明らかに焦っている場面が出てきており、「これ後半40分すぎまで得点できないと変な失点をしそう」といういやな予感があったのです。

でも、それを吹き飛ばしたのが山藤のミドルでした。どのくらいあったかな、ペナルティーエリアのだいぶ外から豪快にバーをかすめてゴールに吸い込まれています。これで完全にギラヴァンツが立ち直り、アディショナルタイムにも中盤でゴールを奪ってから完全に抜け出してだめ押しの2点目、そしてそのままタイムアップとなりました。

いいスタジアムに満員のお客さんがいることによってスタジアムの雰囲気は最高で、そのなかできっちり勝てたというのはやはり非常に大きいと思います。あれだけのスタジアムを持てるのはホントにうらやましいですし、それを力に変えることができればもっと強くなっていくでしょう。来年このスタジアムでサンガさんを見られるかな、見られたらいいなあ。