image そろそろライブの本数も増やしていこうかと思っております。今日はHARD RAINへ、いつもの方もひさしぶりな方も楽しみだったのです。

到着は19時45分くらいかな、2番手がそれなりに見られたなという感じです。思ったほど誰が出るかわかってなかったようですが、最近書いてないしまあぼちぼちいきたいと思います。

吉見拓哉
ギター弾き語り。まあなあ、やっぱ合わないんよなあ。
なんでかけっこう考えてたんだけど、ひとつ思ったのは「かっこいい」の基準かな。HOUND DOGの大友さんみたいな歌い方ってはまんないと「かっこつけてるだけ」に見えるし、そこで叫んでても「なんか音はずしてる」になっちゃうし。

加納良英
ギター弾き語り。そうだよな、さっきの吉見拓哉と「なにが違うんだろう」とか考えてたな。
きちんと答えが出たわけではないけど、いちばん感じたのはやっぱり「自分の世界に引っ張ってこれてる」ってところかな。あとメロディーがわかりやすいのとか歌詞がきちんと自身から出てるところとかで「曲を自分のものにしてる」ことが大きいんだと思います。

はにゃうにゃ
ギター弾き語り。そだな、歌詞で「おっ」と思うところはあったけどな。
たぶん歌い方だと思うんだけど、テンポとかは変わってるものの曲の印象が割と似てて。しかもほとんどつなげてたこともあって「あ、ここで変わった?」というのもわかりにくくって。そんな意味でももうひとつなにかがあればいいのになあと思いながら聞いてました。

片足ズボン
電子ピアノ弾き語り。この形態で見るのは最後かな、なんかずっとピアノに釘付けだったなあ。
意外とというかだいたい知ってる曲だったのは、それだけ見てるってことで。しっかり彼の世界があって、その波に流されていくのが心地よかったです。こんど見るときはどんな形になるのかな、それでもどこかで見たいなあ。