image 今日のサンガさんは、岡山との対戦でした。なぜか岡山と戦うときには西京極ウェザーが大暴れするようで、なぜそれを見越して傘を持ってこなかったのかが非常に悔やまれます。

17時くらいに西京極へ着きましたが、そのあたりから非常に強い雨が降ってまいりました。近くで雷も鳴っており、最終的には近隣のわかさスタジアムかハンナリーズアリーナへの避難をするほどとなったためにキックオフが1時間ほど遅れることになりました。雷雨でキックオフが遅れるのってこれまで記憶にあるのは2011年2013年のいずれも岡山戦で、いったい何の因縁かとは思ってしまいますね。

そのなかで18時キックオフ予定が19時キックオフとなったこの試合、最近のサンガさんが調子を上げているのがよくわかる試合になっていました。失点につながるファールも含めて下畠くんが序盤ちょっと甘い場面もあったけど最終的にはきれいなFKの1失点に抑えたわけですし、得点もひとつしか出ませんでしたがそこまでのチャレンジは何回も見られましたし。まだチームとして息の合ってないパスがけっこうあるのとゴール前でちょっと弱気な動きを見せることがあるのは課題だと思いますが、それでも7月上旬までの「できてない」ときよりはだいぶんよくなったと思います。それだけチームとして「ゴールへの圧力を増した」ことが最後の同点ゴールにつながったと思いますし、それができれていれば大きく崩れることはもうなさそうかな。そうそう、今日はクロスを上げてもだいたい岡山に跳ね返されてて、それでも最後取れたのはやっぱり大きいように思います。

その状態を持って次は福岡戦、しかも今日の警告でビツさんと吉野が出場停止になります。それを言えば今日だって祐治が出場停止のなか染谷がしっかり仕事をしたわけで、次節も総力戦になっていくでしょう。今日ここまでやれたんだ、しかも次は「何が起こるかわからない」福岡戦なんだからなにかを起こしてやればいいんだよ。