image この春だっけ、絵里さんがひさしぶりにライブをするというはなしが流れます。ただその東京は予定を考えると難しいところで、「どうしよっかなあ」と考えてるうちに売り切れてしまいました。ただそのあとに「金沢でもライブをする」ということがわかり、「こっちなら行けそうだ」ということでチケットを押さえてしまったのです。

絵里さん自体が3年ぶりのライブ(先日の東京が、ですね)だったいうことで、セットリスト的にもシングルというか割と有名なのが中心でした。まず「距離」からはじまり、最新曲「いつかあなたのしあわせになるように」やカバーも混ぜつつの本編13曲、アンコール3曲は、やっぱり彼女の「いま」がいっぱい詰まっていたと思います。個人的なハイライトは「花咲く日まで」かな、なんか当時(ちょうど仕事をはじめた時期なのです)のことを思い出してたもんな。

たしか絵里さん見るの4年ぶりくらいなはず、でも今日のセットはだいたいわかったし、それだけずっと聞き込んでいたってことなんですよね。最後のアップテンポなセットが終わったときの感想が素直に「やっぱ好きだわ」でしたし。もともと絵里さんってすごい歌詞がうまいと思っているのですが、それは新曲も変わってなかったです。おそらく子どもに向けて書いた曲だけど、その視点がやっぱり彼女らしかったもん。

imageあとはMCがたっぷりあったのもよかったな。彼女の生活の変化のことにも触れつつ、そういえば後半には撮影タイムにもなってたし。「ライブしてない時期もずっと夢に見てた。夢ではちゃんとできてなかったステージがこうやってちゃんとできてうれしい」なんてことも言ってたっけ。次は意外と近いのかも、音楽を最優先にはできない時期がしばらく続くだろうけどそれでもやっぱり歌い続けてほしいなあと思います。やっぱり次も見にいきたいし、きちんとそれにこたえてくれるのはわかってるもん。

contrast
竹仲絵里
U'S MUSIC
2014-06-25



(7/25追記)
おまけ。セットリストはこんな感じでした。
1.(Vo&Gt)距離
2.(Vo&Gt,Pf)どうしても
3.ちょうどいい
4.Leisurely
5.(Vo,Pf)シャリラリラ
6.I Won't Last A Day Without You Lyrics(カーペンターズ)
7.それがあなたの幸せになるように
8.あいしてる
9.(Vo&Gt,Pf)傘
10.Perfect(Fairground Attraction)
11.夜明けまで
12.花咲く日まで
13.種
(An1)
14.(Vo&Pf)黄色い花
15.(Vo&Gt,Pf)次の道へ
(An2)
16.(Vo&Gt,Pf)サヨナラ サヨナラ

ちなみに4曲目はあとでウォークマンに曲を入れるときまで「ねえ」と信じて疑わなかったり、11曲目はどうしてもタイトルが出てこなくて「途中でリズムが変わる曲」と書いてたり。タイトルを忘れるのは相変わらずのようです、こればっかりはなあ。ちなみにサポートのピアノはおなじみ上田壮一さんでした。