image 今日のサンガさんは、FC岐阜とのアウェイでした。試合が終わっても「まあこれが実力だよねえ」と思い腹も立たなかったのですが、それってかなりまずいよなあ。

前半いきなり小屋松くんが外してどうなるかと思いながら、「FC岐阜はやっぱしっかりボールを回してるな、さすが大木さん」とか思いながらのんびり見ていました。ところが28分だっけ、ものすごくしょうもないパスミスから最後は難波に決められ先制されます。ここに象徴されるようにけっこうプレスに手を焼く場面が目立ってて、最後までそれが尾を引くことになりました。

ただ、前半のうちにスローインから闘莉王さんが頭で決めて追いつき、さらにそろそろ前半も終わろうかというときにきれいなカウンターが発動、最後は小屋松くんがこんどは決めて逆転に追いつきます。そのままハーフタイム、このときがいちばんよかったよねえ。

そして後半がはじまると同時に電光石火の2失点で逆転されます。2点目はなんで古橋をフリーにしたんだろう、どうも相手のFWにつききれてない場面が多くってそれはずっと気になってたんだよね。そして逆転されたシーンはスローインだっけ、オウンゴールってことはクリアしそこねたのかなあ。そのあともさらに岐阜のペースが続いたものの追加点はなんとか許さず、とはいえサンガさんの攻撃はほとんどできないままただただ時間が流れていくのを見ているだけでした。まあそれじゃ勝てるわけないよね。

なんかまた長良川で居残りっぽい雰囲気もありましたが、電車の都合もありとっとと抜けたので詳しくはわかりません。まあでも今日の試合だけじゃないけど、とにかくプレスに弱いし攻撃の形も全然見えないんだよなあ。「続けることが大事」なのはそうなんだけどさ、ただやみくもに続けたところでそこから生まれるものはそこまでないんだと思います。次は徳島か、しっかりと続けてるチームだよね。