image 今年も天皇杯がはじまりました。今日のサンガさんはアスルクラロ沼津との2回戦、「弱いチームのホームで戦う」というレギュレーションが西京極だけ適用されたかのような試合でした。
着いたのが前半終了間際で、スコア以外の情報がないまま0-0で折り返します。後半に入ってから左サイドを崩されることが多くなり「まずそうだなあ」と思ったら失点し「これはまずい」となります。とはいえまだ30分以上残ってたし焦る必要はないと思いながら見てはいました。

でもなあ、ここ数試合を見てて思う「点の取り方が見えない」というのは相変わらずで。とりあえずケヴィンに当てるとかはありそうだけど、そのパターンが素人目にも枯渇してるように見えるんだ。かと思えば後半の最初のほうのFKでビツさんが後ろに下げたら誰も反応せず相手にさらわれてカウンター食らったし、そのへんの約束事がないとこの先もだいぶ難しくなりそうで恐ろしくもあります。

さらに悪いことに下畠くんの交代は怪我で、担架のままピッチをあとにしています。たいしたことなければいいけど日曜日は難しいかもなあ。そんなすべてが悪いほうにいった試合なのでこの結果は必然かもしれません、だからといってJ3のチームに負けていいわけではないけれど。

元日に向けての一歩を盛大に踏み外したサンガさん、それを悔やんでる暇もなく日曜日は金沢戦です。終わったことは仕方ない、だからこそこれを引きずるのだけは勘弁だ。