image 今日は他にも行きたいところあったのですが、いろいろ考えた結果たどり着いたのはエレバティでした。

だいぶ押してたのもあってとりあえず全員しっかり見られるくらいには着いたようです。ってことでいつものを、割と知ってる人ばかりなのでいつもとは少し違うかも。

澁澤メルモ
アコーディオンの小さいのを弾き語りで、ループマシンとかリズムマシンとかも使ってたり。へえ、最終的に思い浮かんだのは石井聖子だったなあ。
それは声質がいちばんで、その意味でもいい声をしてるなあと思いました。ただ歌詞があんまり入ってこなかったのも確かで、それはひとつ「オーソドックスな曲」というのを使えばだいぶ変わりそうかな。

岸本丈夫
ギター弾き語り。いやあ、めずらしく冴えてなかったなあ。
いつも通りうたについては言うことないんだけど、今日はなぜかMCがすべり倒してて本業にまで影響をおよぼしていた可能性が。曲だけで見ると「いつも通り」になっちゃうからな、まあそれもありかも。

高橋功亮
ギター弾き語り。ふーん、新しい曲たちはだいぶ落ち着いてたように見えたかな。
歌詞は割と違うものもあるけど、ポエトリーリーディングな感じがぜんぶ一緒に聞こえるのがちょっと残念だったかな。あとなんかイベントのタイトルが「夜明け」って言ってたけど、今日のセットってそんな夜明けをテーマにしたものが多かったような。そのあたりを考えながらもう少し「違うもの」ができると新しい世界を見せてくれそうかな。

エレベーターズ
Vo&Gt,Vo&Gtの男性2人組。いつも思うけど、やっぱやりきるってすごいよね。
前見たときよくわかってなかったのはどうやら嵐推しだったようで。ロックって言ってるけどだいぶポップ寄りで、それをとにかく突っ走ってやりきってるのがすごいなあと思いながら見てました。

まつしまようこ
前3曲ギター弾き語り、後ろ3曲ピアノ弾き語り。なんていうか、やっぱバンドの人になったんだなあ。
前半のギター曲は懐かしいものが中心で、でも声の強さにちょっと違和感も。それがピアノ曲になったらけっこうきれいにはまってて、それはバンドでピアノしかしてないのも関係してるのかも。リズムの取り方とかバンドからいい影響が出てるところもあるしな、ギターどうこうを考える時期でもないかもね。