image 結構いろんな方に「来るとは思わなかった」って言われたんですが、ほかにいいライブがなかったとはいえ呼ばれたらほいほい行くほうなのです。だいたいそういうときにかぎって呼んだほうは覚えてなかったりするんですけどね。
到着は19時半前、2番手のkailiosがはじまったところくらいだったのかな。男性Vo&Gt,男性Gt,女性Gt,男性Ba,女性Drの5人組で、Drサポートだったみたい。ブリティッシュロックってこういう感じかな、そうなるとそこで「日本っぽい」声の出し方が引っかかってくるんだ。さて、ということは残り3組、今日もぼちぼちいきたいと思います。

fragile
男性Vo&Gt,女性Vo&Gt,男性Ba,男性Drのフォーピース。たぶんこれハードロックだよね、ヘビメタよりロックっぽく聞こえたし。
そのなかで男性Voは歌うより「叫ぶ」感じでバックに乗せてたけど、女性Voが「うたう」方向でちょっと微妙だったかなあ。ハードロックだし「叫ぶ」方向に持っていくのがよさそうな気もしつつ、そういえばヤバTってこのスタイルなのでその形に寄せていくのも悪くないのかも。

Float down the Liffey
Vo&Gt,Gt,Ba,Drのフォーピースで、Baは女性です。イントロは「かっこいい」と思ったけど、声が入ったところで思わず笑ってしまいました。
そう聞くとイントロもそうなんだけど、特に歌い方がSOPHIAとかラクリマっぽくて。ってことは曲が典型的なヴィジュアル系なんだよね、それがステージの光景とあまりにも違いすぎて。どうだろ、そういう意識がなければロックバンドとして聞こえるのかな、意外とこういう雰囲気を持ったバンドって多いもん。

nihon alps
Vo&Gt,Gt,Ba,Drの男性フォーピース。Vo&Gt.こいちゃんはここでよく会う人というイメージがあるのですが、そういう人がこういう音楽をするってのはちょっとおもしろかったり。
4人いるしギターがちょっと強かったけど、やろうとしてることはジャカランタン>monohoxonという「para-dice的正統派ロック」のイメージだったんだ。あのこいちゃんがこういう音楽を志向してるってるのがなんか意図がありそうな気がして、なんかそんなことばっかり考えてたな。この感じを磨いていったらなにが見えるのか、楽しみだったりおそろしかったりだ。