P1030280 松山にいると九州が近いと感じることもあって、正月を使って熊本に少し行ってきました。意外と近いんだし定期的に見ていきたいというのがひとつと、「復旧がまったくすすんでいない」という話を聞いて「じゃあ実際どうなんだろう」と思ったのがひとつです。
で、また知らない間に時間だけが過ぎていきそうなので、とりあえずはそのときのtwitterをご覧ください。







阪神・淡路大震災もそうでしたが、半年くらい経ったときにはこういう「空き地」が増えていきます。



ちなみに、これはこのあたりから北東方向に向かって撮りました。遠くに見えるのは仮設住宅です、もとは田畑だったんですね。



ただ、ひとつ道に入るとこういう壊れた建物があるのも事実で、その意味で阪神・淡路大震災のときのタイムラインに当てはめると「4ヶ月後くらいかな」というふうに思いました。ってちょうど半分のスピードだな、この感じで進んでいくんだろうか。それとも阪神・淡路の実感が早めなだけかな、ただそんなに「なんにもできないまま放置されてる」という感覚はなかったです。



5月には入れなかった二の丸庭園が開放され、それだけでも着実に復旧はすすんでいるんだなあと感じる出来事でした。

まだ写真は撮っているので、またそのうち追記したいと思います。ただ、別エントリー立てた方がいいような気もするのでそれはまた考えます。