image 今日のサンガさんはプレーオフの準決勝、キンチョウスタジアムでセレッソとの対戦でした。そうかあ、これが僕らの実力だったってことなんだろうなあ。

もちろん勝ちたかったのはやまやまなのですが、最終的には試合を通じて力の差が出たのかなあという印象です。最後有田が決めて俄然おもしろくなったものの試合を通じてのチャンスはそう多くなかったですし、セレッソにボールを回されて手も足も出なかったように感じました。あと大事なところでのパスミスもけっこうあって「普段の試合以上のものは出ないんだなあ」と思ったし、そう考えてもこの結果は妥当だったのかなあと思います。

失点シーンもな、ソウザにボールが渡った瞬間「これ危ない」と思ったらしっかりミドルを枠に入れてくるし、それは菅野がセーブしたもののこぼれ球をしっかり柿谷に決められるし、「個人技でやられた」ところもあるけどそれも含めての実力ってことですね。サンガさんも後半28分の時点でキロスを投入して勝ちにいったもののそこでちょっとかみ合わない場面が目立って、もう少し早く決めればわかんなかったけど後半45分はあまりにも遅すぎました。とはいえ見てる方は最後どうなるかわかんなくておもしろかったのではないでしょうか、その割に後半の追加タイムにチャンスなかったけど。

これでサンガさんの今シーズンが終了し、来年もJ2で戦うことが決定いたしました。しかももうひとつのプレーオフ準決勝で松本が敗れ、相当厳しいシーズンになることは間違いなさそうです。さあ、来年に向けての戦いはこれからはじまる。再来年こそ、J1の舞台をみせてくれ。