image だいぶバタバタしており正直ライブどころではなかったのですが、ふとknaveの予定を見てみるとAzumiさんがやってくるとのこと。ここしばらく見てなかったので「こりゃ行くしかないわ」となりました、もうあとのことはいいや。
「ゲストだし遅い時間だろうから大丈夫だろう」と思いのんびりしてたら到着は19時半すぎ。knaveへ入ったときにちょっとばたばたしてたので「始まったか終わったかだな」と思ってたのですが、そこでどうにも聞き覚えのある声が。うわそんな早いと思ってなかった、ギリギリ間に合ってよかったあ。

Azumi
Vo&Perで、サポートにGt。ってかみんなAzumiさん知らないんですか、私らの世代だとけっこうかかってたと思うのにな。
wyolicaとおんなじってこともあるのかいちばん好きな編成で、新しい曲が中心だったけど彼女の世界を堪能しきった時間でした。艶やかなこの声の感じはやっぱり大好きで、ひさしぶりに聴けてうれしかったもんな。そう、その雰囲気にpechicaを重ねてるところがあってなんか妙に納得してたり、そりゃ好きだわ。

Miyuu
ギター弾き語り。あ、それひょっとして左利き用のギターですかね。
なんかなあ、ざっくり言ってしまうと「YUIさんを表面的にさらった感じ」でした。声の出し方でそう思ったんだけど、そのなかでなんか引っかかるものがほしかったのです。その意味で「きれいに歌ってんなー」くらいだもん、あとなんかがあればそれでもいいのかもだけど。

谷口晴菜
Voで、サポートにEpf。そだな、やっぱ歌ってたね。
その声からなんにも伝わってこなかった、ということがすべてで、それ以上の感想はないかなあ。ただ、その声質にKOKIAを思い出してたっけ。彼女って特に初期は歌詞に特徴があったので、そのあたりがわかってくればちょっと変わっていくのかも。

#ってことで、終わったら21時20分。持ち時間はAzumiさん35分、そのほかの人が25分だったような。この時間に終わるんだったらもう少し聴きたかったなあ、まあ遅れて行ったのも悪いんだけどさ。