image 今日のサンガさんは、山口とのアウェイでした。「勝ちたかった」試合だけど、「勝てた試合か」といえばそこまでではなかったかも。

今日の試合をひとことで言うと「アルウィンでの試合のようなどっちもが『勝てたなあ』と思う試合」だったのではないでしょうか。お互いチャンスはかなりあったけどサンガさんはやっぱりボールが枠に飛ばず、レノファのほうはゴールの形まではいくけどラストパスの精度が悪くてシュートまで持っていけない印象がありました。そう考えればドローという結果は妥当だったのかもしれません。

68分でしたっけ、チャンスを逃してからのカウンターで失点したときは「うわなんてことを、これそのまま終わるんじゃないだろうな」と思っていたのですが、そこでサンガさんのスイッチが明らかに入ってボールを持つようになってきました。それできるんならはじめからやってよとも思うのですが、それができないからこの順位なんだろうね。とにかくエスクデロかな、のふわりとしたパスに有田が抜け出してきっちり決め、「ああ、これで負けないかな」と思えたのですが、そっからもけっこう危なかったような。どっちも勝つチャンスはあったと思うので、まあ負けなかっただけよかったことにしておきましょう。

そんなわけでお互いに「もう少し」の試合をしたわけですが、サンガさんはなにやら新外国人の噂が流れてますね。ここ数試合決定力に悩まされていますので、そのピースを埋めることができるのかが注目されるところです。それにしてもまたプレーオフ争いが混沌としてきたな、まだリーグはわからない。