image 実は今年まだ見れていなかったよりえさん率いるスーが、なにやらワンマンをするそうで。そりゃ見にいかないはずないよね、と思いながら尼崎までやってきたのでした。
入ったときにちょうどはじまったとこだったのかな、オープニングアクトはニワトリの唱でした。にわとりのうたって読むそうで、ギター弾き語りの男性です。坂本サトルのようなうただったかな、ただそこまで熱を感じなかったんだよなあ。それはなんでかなあと考えてたけど、その答えが出せる時間はなかったです。ただ途中で弦が切れて張り替えている間に1曲アカペラで歌ったのとかはすごいと思ったな、あれを自分の世界として見せられる人はそんなにいないと思うもん。

そしていよいよスーの登場です。女性Vo&Gt,男性Drの2人組。2部構成で1部はとにかくバンドで、2部の前半はDrが弾き語ったりニワトリの唱が出てきたりのアコースティックな感じもありつつ、最後は一気に畳み掛けていきました。いろいろできてないところも見えたけど、それでも勢いですべてをなんとかしようとしていたな。そのメッセージは伝わったし、その熱さが今日のライブをいいものにしていたと思います。やっぱりその空間をつくる力も持ってるけど、これができるのはやっぱりバンドだからなんだ。それも含めて、やっぱ彼女はバンドもしていってほしいなあなんて思っていた夜でした。