image 最近はヨモギとしての活動も多いおふたりが、今日はツーマンで大阪に帰ってきてくれました。けっこうおもしろいライブがかぶりつつ、まあ今日はこれかなって思ったんです。
このふたりだとどういう構成になるかあまりわかっていませんでしたが、かなりしっかりとツーマンになるようです。まずは本夛マキのステージでした。いままでと少し違った聞き方をしてるかもと思いながら、「割とオーソドックスな歌なんだなあ」と思ってたっけ。
歌詞もメロディーもかなりわかりやすくて「だいぶ練られてるな」と思ったし、うたも感情を出してるように思えたけどそれは「なんとなくわかる」くらいで。だいぶ「曲を練る」時間もあるんだろうな、じゃないと作れなさそうだもん。

それに対して後半のはせがわかおりは「ヨモギを始めて練習するようになりました」なんて言ってしまうくらい「自分の感覚だけで歌ってる」ように見えて。自分のまわりのことかそのワードからふくらませたのかで曲ができてるし、それも「その視点から見るのか」と思うくらい独特なもので。それを自信と勢いで「これがわたしの曲なんです」と持ってこられれば、もう完全に彼女の世界が形成されているのです。そういえば途中でカバーコーナーがあってなにを歌ってたんだろう、3曲中2曲目は「ダニーボーイ」の日本語カバーだとわかったけどあとは知らなかったな。

そしてふたたびマキさんが登場し、今日が命日だった石田長生さんと作成したアルバムに触れて「素敵なハートロック」を、そのあと「ちょっとだけやりたいです」と言ってヨモギで歌っているカバーを3曲で本編が終了します。アンコールはそういう日なので長生さんのカバーと、おなじみ「オー・シャンゼリゼ」でにぎやかに終えました。このコンビも割と見ているのでいまさらな感覚もありつつ、このふたりがまったく違う性格だからこそぴったりはまってるんだなあというのを改めて感じた夜になりました。