image いや、なんかbus stop mouseが一夜限りの復活ライブをするって話が流れてきまして。「へえ、どんななんだろ」と思い調べてみると、いろんな人から話は聞くけど見たことがないアーティストが出るわ出るわで。もうそんな機会ないだろうし、行けるのなら行かなきゃダメなやつだと思いひさしぶりにatrantiQsへやってくることになりました。
出演は順に小町、ONION SLICE、bus stop mouse、WARIKIRI'S、グラスニットジャガーでした。とにかく今日は「同窓会」だし、ちょっとひさしぶりのライブだし、ちょっと簡単にだけ書いておきます。

今日の出演者ってちょうど私が見にいきだした頃に活動を終えた世代で、実は見たことあるのもbus stop mouseだけだったりします。それでも今日の会場に流れてる雰囲気はよかったなあ、たしかにその世代のミナホって知らない人を見にいったらこんな感じだったように思えたし。

そのなかで思ってたのは、「いまの音楽のトレンドってこっちの方向ではない」ということで。ずっと続けて見てるとわかんなかったけど、去年くらいからライブを見る数が減ってるのもそれと関係あるのかもなあ、なんて勝手に考えてました。それは仕方のないことだしもともとが変わっていくものだけど、そのなかで「いいもの」も変わっていくんだなあ、とか。でも、割とそういうのを見ずにライブレポを書いてるのは、「こういう音楽が好きだ」という軸がずっとぶれてないからだってことだし、たぶんそれはこれからも変わらないんだろうなあって思ってます。

そういう意味でも、「いま」彼らのライブを見ることができてよかったのかな、昔とは違っても「やろうとしてること」がぶれなければその音楽は伝わっていくんだなあ、なんて思いながら移動することになりました。まだ続いてたけど、いい夜になるんだろうなあ。