ちょっとでも余裕があるうちに今年を振り返っておきますか。今回はあんまり振り返ることもないサンガさんでも。
先週だっけ、サンガさんからホームゲームに17回以上来場したときに贈られる記念品が届きました。これ、実はかなりびっくりしまして、というのも今年は夏に3回連続で行かなかったこともあるくらい「行けてない」印象が強かったんです。確かに記録を見ると17回行ってるので間違いはないのですが、よくそれだけ見に行けたなあとちょっと感心したりもしています。

とにかく今年に関しては、私が見た試合でベストゲームを聞かれたときにアウェイ大宮戦(負け)とかアウェイ磐田戦(引き分け)を挙げそうなくらいほとんど勝てず、昇格争いどころか残留争いに巻き込まれ続けておりました。勝った試合でベストゲームといえばホームのセレッソ戦か、あれが続かなかったのも負けが込んでいた原因なんだろうな。あと最終戦で博貴が入ってからのゴールで勝利したのは確かによかったけど、内容はまったく褒められなかったからなあ。

実際11月の北九州か栃木には遠征しようと計画していたものの、それを「入れ替え戦の遠征費用を残すため」に断念したくらい薄氷での残留でした。しかも入れ替え戦での大分を見てたら震え上がったもんな、サンガさん自体入れ替え戦の経験はあるけどあのときは「下から」だし「負けても仕方がない」って言えたもん、「上から」の立場で入ってたらどうなってたやら。

そんなわけで、来年もJ2で戦える権利を得ることができました。今年途中で監督と社長が交代しており、新体制はひとつの軸を持って戦おうとしているようです。まだ編成が完全に決まっていないのでわからないところもありつつ、とにかく今年のようなシーズンは二度と送りたくないと思いますし、それが起こったときにはテレビでサンガさんを見ることができなくなるかもしれません。これでも「残留」できたんだ、だからこそそれを無駄にするなんてもってのほかだし、今度こそ「サンガさんはJ2に値するチーム」ですらなくなってしまいかねないんだ。