image 今日もいいライブがいっぱいで、どこに行こうかかなり迷ったのですが。最終的に全然denkibranを見てなかったことと、そのなかで「denkibran企画って、これ絶対倉坂さんおすすめの若手バンド集めたな」と思わせる(MCでも言ってましたね)ラインナップに「最近若手バンド見られてないのもあるし、見といて間違いなさそうだ」となったためでした。まあそれを見て「倉坂さんってライブハウスの人なのね」とも思ったのですが、またそれは別の話ですね。
到着は19時10分くらいか、2番手がはじまったところかな。地味に今日は6組みたいなのでけっこうたっぷりあるかもな、と思いながらいつものいきますか。

花柄ランタン
女性Vo&小物、男性Gtの2人組。「前回から1ヶ月も経ってないけどどんなだったか記憶にないな」と思ってましたが、最後の曲で思い出しました。
そうそう、矢野顕子とかさねよしいさ子あたりのイメージだったっけ。今日の感じだとセットリスト決めてなかったっぽいし、けっこう自由にできるのかも。これで歌いかたに幅ができればもっとよくなりそうかな、今って「歌ってる」印象が強くて声の強弱が出てないのでそれが出るだけでもだいぶん変わりそう。表情を見てると感情を入れてるっぽいけどね、まだ声までは届いてないんだ。

マチルダにおねがい
Vo&Gt,Gt,Ba,Drのフォーピースで、Gtは女性です。へえ、なんだかロックポップの王道っぽい感じがしたな。
曲全体の構成がかなりよくて、聴いててもさらりと入ってきたもんな。そのなかでちょっとメロディーが難しいのか声だけが乗りきれてないとこがちらほらあって、それがだいぶ残念だったかな。もうひとつ声でなにかできれば相当おもしろいバンドになりそうな予感がしたもん。
そして「この感じって誰だっけなあ、カスタネッツあたりかなあ」なんて考えてたら、「あそっか、まめのきウェンズデイだ」ってなったりも。一緒に見られたらおもしろそうだけどな、まだしばらくは難しいか。

ARKS
女性Vo&Gt,男性Ba,男性Drのスリーピース。そだな、全体的なイメージはヒスブルかなあ。
2曲目だったっけ、前半のアップテンポな曲は勢いもあってよかったです。ただ、けっこう曲のイメージが一緒だったので、もっと曲ごとに表情をつけられればおもしろそうかな。かなりさみしい曲も多かったのに、声だけではそれが伝えきれてなかったからね。

さしすせそズ
Vo&Gt,Gt,Ba,Drの男性フォーピース。チリのうたとか「どす恋物語」とか、意外と覚えてるもんだなあ。
やっぱり、彼らにとってそのポップなメロディーとなんかおもしろい歌詞は武器になってるなあ。ただ、けっこう似たようなメロディーが多いのと、声の勢いがそこまでないのはちょっと気になったな。声については最後のバラードを除いて演奏の勢いを殺してるようにも見えたので、もっとバックに乗せていければまた違った世界を見せてくれそうなんだ。

The denkibran
Vo&Gt,Gt,Ba,Drの男性フォーピース。やっぱり、この熱量は好きなんだよねえ。
ひとつには同世代だからなんとなく聴いてきた音楽も似てるのかなあ、なんて思いつつ。その「気持ち」がはっきりと客席まで届いてて、それだけで十分というかそれがいちばん大切なんだよね。こういうアーティストって最近なかなかいないしな、それが世代なのかもしれないけどさ。