image そしてついにJ1最後の椅子をめぐる戦いが行われました。最後は順当に3位のアビスパがJ1昇格、3位チームの昇格ははじめてだったんですよね。
序盤はほぼ福岡がゲームをコントロールしているように見えました。そのなかで30分を過ぎたくらいからセレッソが前に圧力をかけてきて、それをちょっとアビスパがいなしているような印象を受けていました。まず前半はスコアレス、この状況だとまだわからないなと思いながら見ていましたっけ。

そして後半、試合を動かしたのはセレッソでした。中盤からきれいに真ん中を破って玉田が決めて先制します。このときに(セレッソ側にいたこともあるのか)スタジアムの空気が「いけそう」になっていて、それを「残り20分以上あるのに守り切れるんだろうか、相手は試合巧者だし」と思っていました。そして福岡も徐々に圧力をかけていき、ついに試合終盤の87分にサイドを切り裂いてみごとな同点ゴールを決め、そのままドローとなりアビスパのJ1昇格が決まりました。

今日のヤンマースタジアム長居には29,314人の観客がつめかけ、メインスタンドを除いてほぼいっぱいになっていました。去年の35,000人には届きませんでしたが2012年の27,433人より多く、大阪でも状況によってはプレーオフを開催できるというものを見せることができたように思います。とはいえアビスパ側もあそこまで埋まると思ってなかった、実は試合直前まで座席に段幕張ってたけど取り払わなければいけないくらいの人が入っていたから。

さて、これで今年のJリーグが終わりました。来年のJ2は清水とか松本とか行きたいところも多いですし、山口とか新しいチームも入ってくるし、アウェイは楽しみが増えたように思います。サンガさん的にはとにかく来年もJ2で戦えることができてよかった、とにかく今年みたいなことを繰り返さないように頑張ってもらうしかないな。