最近ブログを書けていないのは、ちょっと松山に出張中でしてライブにまったく行けない環境にいることが大きいのです。詳しくはまたの機会として、それでもこのまちにはサッカーがありました。愛媛FCとセレッソの対戦、あの結末はさすがに想像できませんでしたね。

特に前半はサンガさんと並行で見ていたためあんまりしっかり見られてないところもありつつ、セレッソのゴール裏で見てたなかで思っていたのは「あんまりセレッソのサッカーというのが見えないなあ」でした。先制シーンについては時間的にサンガさんが先制した直後だったのと逆側のゴールだったのとで「なんで児玉くんは逆に飛んだんだろう」という感想くらいしかないのですが、それ以外でセレッソのチャンスって後半に酒本かな、のポストに当たったシュートと終盤のFKくらいだったように思います。

逆に愛媛はほとんど試合を支配し、それこそ決定的なシュートがあさっての方向に行くことが4-5度あったのでこちらは「もっと決定力があれば楽に勝てたのに」と言えるかもです。もちろん力の差はあるのでしょうが、それ全体をふくめて愛媛に軍配が上がったのは必然だったのかもしれません。

今日は今年最多という7000人以上が詰めかけ、駅からのシャトルバスも渋滞で遅れ気味でした。そのなかであの試合を見せることができれば、また見に来てくれる人も増えるでしょう。そういえば松山の繁華街・大街道ではセレッソ戦の話題も聞こえてきて、そうやって「サッカーのまち」になっていければいいのにな、と思いながら松山をあとに...しません、まだしばらくここでお仕事なのです。