image うわ、けっこういい時間。今日はどうしようかと思いつつ、あんまり見たことない人たちも多かったknaveへやってきたのでした。
到着は19時前、1番手First Impressionが1曲ちょっと。割とよくあるガールズロックバンドという印象で、こっから「かわいい」方向か「かっこいい」方向に行くのか、ができれば彼らの特徴も出てくるかな。たとえばかっこいい方向なら、もう少し歌唱力を上げたいかな。さて、あと4組、今日ものんびりやりたいと思います。

リツコ
Vo&Gt,Ba,Drの女性スリーピース。そだな、ロックバンドというよりはガールポップっぽかったような。
全体的な曲の雰囲気がプリプリとか永井真理子とかだったんだ。要素的にはUKロックなんだろか、それよりポップな見せ方をしてるように見えてそれがかなり印象に残りました。今ってどっちかといえば「ヴォーカルとバックバンド」という見え方をしてたので、それをもっと「バンド」に近づけることができればもっとおもしろくなりそうな予感がしました。

みるきーうぇい
女性Vo&Gt,男性Ba,男性Drのスリーピース。そっか、彼女なりに力を入れてるってことがようやくわかってきたかも。
いままでにくらべて「あ、ちょっと気持ち入ってる」と思う部分が多かったのは、最近けっこう見てるからだけではないと思います。それでもまだ足りないと思ってるけど、それが見えたのはかなり大きな収穫だったなあ。

坂口喜咲(ex.HAPPY BIRTHDAY)
エレキギター弾き語り。いやあ、さすがゲストだけのことはあるわ。
なんとなく聴いてたらただかわいいだけに聴こえるかもだけど、「あれっ」と思って歌詞を追うとこれがまあぶっ飛んでて。しかもきちんと声の表情を出してるから「なんかこえーよ」とか思えるし、とにかくステージの完成度が高かったです。それで最後は客席に降りてお客さんにマイク持たせながら歌うしさ、それもまたぶっ飛んでたもん。最近みんな「普通」だからさ、こういうのも大事だよ絶対。

コレサワ
女性Vo&Agtで、サポートにEgt,Dr。声量はあるなと思ったものの、よくあるシンガーソングライターかな。
まあひとことで言えば「かわいいな」で終わってしまう感じです。声量はあっても「歌ってるな」だけで終わってるからさ、もっと声に表情が出れば変わりそうなんだけどな。とはいえこういう感じのアーティストってけっこういっぱいいるし、その意味ではありなのかもな。