image 今日は行きたいライブいっぱいだったんですが、最終的にはジャックライオンになりました。いやさ、今年もまたヒメノさん見逃しまくってて、今日行けないとまたいつになるかわかんなかったんだもん。
またのんびりしすぎて到着は18時15分、1番手瀬戸山智之助が3曲ちょっと。歌詞はなんとなく伝えたいことがありそうなものの、完全に歌っててそっからはなんも伝わってこなかったことがすべてだな。「なんか歌ってるな」としか思えなかったもん。さてさて、本日は長丁場、のんびりいきましょうか。

吉田このみ
ギター弾き語り。マスコットとしてニコちゃんを連れてきてて、前半はそっちに目がいくシーンもたくさんでした。
全体的なイメージは植村花菜かな、ちょっと声が高かったけど。だいぶひさしぶりに見たのですが、その見てない間にだいぶいろいろあったそうで。その経験がうたにいきてくればもっとおもしろくなるだろうと思いつつ、なんかそれはとにかく続けてくれれば自然とできるようになりそうな気がしたな。

あずままどか
ギター弾き語りで、ループマシンを使ってたり。なんだろ、けっこう残念なところがあったなあ。
鈴里真帆とかのイメージで、けっこうしっかり歌えてるよね、と思いつつ。1曲目と最後の曲で、ループマシンを入れたときにリズムがおかしくなってるように聴こえた場面があってそれがかなり残念だったんだ。ああ見ると使い方って難しいんだな、でもそれができないとループマシン使う意味ないよなあ。

大野賢治
ギター弾き語り。ああなるほど、確かにそうだ。
ここができた頃から音楽をはじめてるそうで。当時の曲もあったけど、彼の曲の型ってそのころから変わってないんだね。もともとその型にはまらない人は受け付けない音楽をしてるんだし、まあそのままでいいんじゃないですかねえ。

ヒメノアキラ
電子ピアノ弾き語り。彼女も初期から出てるそうで、エピソードは語り切れないというか伝えきれないというか。
「ハローハロー」とか「エンドロール」とか昔の曲も交えつつ、半分は最新アルバムからというお馴染みのセットでした。それにしても彼女の声の力ってものすごいものがあるな、それだけで全部持っていけるくらいの。それが才能ってことなのか、それとも個性ってことなのか。

#そう、実はあずままどかとヒメノアキラって昔「ヒメマド」というユニットを組んでたという話を聞いたことがあるのですが、今日の2人の演奏を聴いてても「この2人でどんな音楽になるのか」がさっぱりわからなかったり。今更ながらすげー気になってきた、ホントどんな感じだったんだろ。

*マキポン
ギター弾き語り。まあとにかく好き放題やってたねえ。
たぶんジャンルとしてはフォークで、そのなかでまたえげつない視点から詞を書いてるし。さらに途中でコーラスの人が出てきたと思ったらカバー曲を2曲ほどやってたりして、結局ほとんど歌ってなかったような。こういうことができるのって彼とジャックライオンの信頼関係だよね、でもこのステージはいつかのTOMOVSKYを彷彿とさせたな。