image あ、いつものライブレポでございます。けっこう名前は聞いたことあるけど見たことなかった人とかけっこうひさしぶりの人とかがいたので「ちょっと見ておこうかな」となったのでした。そういえばここ、FootRockになってからはじめて来たな。
いろいろありましたがなんとか開演前についてのんびり。今日のスタートはクチナシをバックにモルグのKeyがクチナシの曲をカバーしてました。それがクチナシの1曲目でもあって、続けて聴いたのに印象がまったく違っておもしろかったな。さて、本日ものんびりいきたいと思います。

クチナシ
Vo&Gt,Ba,Dr,Keyの女性4人組。まあ、ひとことで言っちゃうと「ギャルバン」になっちゃうかな。
系統としては住所不定無職に近くて、その意味ではイロモノっぽいにおいもしつつ。ちょっと高い声が「上に行ってる」のが気になったので、もっとうたがうまくなるか勢いを出すか、だろうな。勢いで言えば最後の曲をしっかり固めれば相当おもしろいと思うんだ、いまはリズムがあっちこっち行っててそれで勢いを殺してたし。

雨市
男性Vo&Gt,男性Ba,女性Drのスリーピース。モルグ初対バンもあるのか、彼らの王道セットリストに見えたなあ。
それは彼らのすべてが詰まってたという意味でもあるし、厳しい言い方をしてしまえば「彼らの世界はこれだけしかない」とも言えて。声もだしアレンジもだし、もっともっと違う世界を見せることができれば、ね。

中村佳穂
電子ピアノ弾き語り。この界隈では圧倒的にうまいと思うけど、それでも「まだやれるはず」という思いのほうが強いんだ。
きっちり自分の世界を持ってるし、いろんなことに対してそれを上手に落とし込んでいるなあというのはよくわかってて。でも、そのなかで彼女の「売り」がどこにあるのかをもっとしっかり見せられればいいのにな、と思いながら見ててさ。その器用さもいいんだけどね、それに加えて「武器」ができればどこでも通用すると思うだけにがんばってもらいたいのです。

SATORI
んー、ちょっと編成が書きにくいな。Vo&Keyかな,Gt,Ba,Dr,Cho&Per&鉄琴?の5人組でChoは女性です。んで途中DrとPerが入れ替わって1曲したりもありました。
コミックバンド、という表現がいちばん近いのかな。あんま覚えてないので完全にイメージですが「BINGO BONGOっぽい」って思ったし。ステージを広く使って会場をしっかり巻き込んでいたし、最後のモルグに向けて会場をきっちり暖めていましたね。

モルグモルマルモ
Vo&Gt,Gt,Ba,Dr,Keyの男性5人組。すっごくひさしぶりに見たけど、本編最後から2曲目タクラマカン砂漠の歌は聞き覚えがあったな。
ポップロックの王道を走ってて、その疾走感はとっても気持ちよかったです。ただ、そのなかに声だけが乗ってなかったように思ってて。もっと声にも勢いを出すことができれば、彼らのやりたいことがもっと表現できそうに思えたな。